島宿.netでは、宮古島・伊良部島・池間島・来間島・奄美諸島の海からすぐ近くのお宿を紹介しています。   ガイドブックには載っていないお役立ち情報も紹介しています。

【宿泊記】奄美大島にある「ティダムーン」に泊まってきました。

東京から約1200㎞、九州と沖縄のほぼ中間に浮かぶ奄美大島。大和と琉球、そして中国大陸それぞれの文化が入り混じり、独自の歩みを続けてきた島です。なかでも世界三大織物のひとつに数えられる「大島紬」は、奄美大島を代表する伝統文化。

奄美大島の北部にあるホテル「ティダムーン」は、大島紬の歴史や伝統を五感で楽しめるお宿です。2020年にリニューアルがされ、お部屋も刷新。目の前に広がる海景が美しく、太平洋を一望できる絶好のロケーションです

この記事では実際にティダムーンに宿泊した模様を詳しくお伝えしていきます。ぜひ旅行計画の参考にしてみてください。

女性スタッフ 編集部
編集部
スタッフ
5歳児を連れて宿泊させていただきました。お部屋もきれいで、眺望も抜群。昼間の雰囲気もいいのですが、特に「海に浮かぶ満月の景色」には感動しました。

レストランの食事もおいしく、プールを備えているので、ファミリーにはピッタリのお宿です。

 
  

・ のんびりとホテルステイを満喫したい
・ プール付きのリゾートホテルを探している
・ オーシャンビューを思う存分楽しみたい

※本記事の情報はすべて宿泊時点のものとなります。記載されているサービスや内容に変更がある場合もございますので、詳しくはお宿のほうへ直接お問い合わせください。

オーシャンフロントの高台に建つホテル「ティダムーン」

ティダムーン 外観1

奄美空港から車で10分ほど南に向かったところにあるリゾートホテル「ティダムーン」。オーシャンフロントの高台に位置し、ホテルのいたるところから奄美の美しい海が眺められるお宿です

9ティダムーン 眺め
海抜約30mの地点に立ち、ホテル敷地内どこからでもオーシャンビューが楽しめる

ティダとは奄美の言葉で「太陽」の意。お宿ではその名前の通り、太陽と月、そして奄美の雄大な自然を感じられます。

空港からも近く、車で30分圏内には「あやまる岬公園」「奄美パーク」「ケンムン村」「ハートロック」などの人気スポットがあるので、観光に便利な立地もポイントです

 

館内はまるで美術館。大島紬の織元ならではお宿

2ティダムーン エレベーターロビー

ティダムーンは、もともと奄美大島の特産品「大島紬」の織元。大島紬は約1300年の歴史をもつ伝統的な着物です。フランス「ゴブラン織」、イラン「ペルシャ絨毯」とともに、世界三大織物のひとつに数えられ、精巧な模様は芸術的。製作工程は30以上にもわかれ、1つの着物を完成させるのに1年かかることも珍しくありません。

2ティダムーン エレベーター
エレベーターも大島紬仕様。各階デザインが異なる

ティダムーンでは、奄美の伝統・文化を広く知ってもらうため、館内のいたるところに大島紬を感じられるしつらえがなされています。2階には大島紬美術館が併設され、大島紬の歴史的作品や現代的なアート作品などが展示されています。

3ティダムーン 大島紬美術館
大島紬美術館では機織りや泥染め体験も可能

また、画家「田中一村」の著作権を保有していることから、ホテル内には田中一村の作品も飾られており、数々のアートともに品位高い滞在が堪能できます。

2ティダムーン ショップ
ホテル内ショップでも大島紬にまつわる商品を販売

女性スタッフ 編集部
編集部
スタッフ
ティダムーンはお宿全体がまるで美術館のよう。一方で、ビーチやプールでも遊べるため、1泊では遊びつくせないほど見どころ豊富です。

 

海景が美しい「オーシャンビュー」と山に面する「ランドビュー」

3ティダムーン フロント
吹き抜けの開放感あるロビー

今回泊まったのはツインのお部屋です。ティダムーンの客室はツインルームとスイートルームの2種類で、それぞれ山側の「ランドビュー」と海側の「オーシャンビュー」のお部屋があります。いずれの客室も2020年に順次リニューアルが進められ、モダンでスタイリッシュな雰囲気が特徴です。

  • ランドビュー ツインルーム
  • オーシャンビュー ツインルーム
  • オーシャンビュースイートルーム 「 ムーンスイート」
  • ランドビュー スイートルーム 「一村スイート」

 

土浜海岸が一望できる「オーシャンビューツインルーム」

3ティダムーン ウェルカムドリンク
到着時のウェルカムドリンクが火照った身体に沁みわたる

今回宿泊したのはオーシャンビューの「ツインルーム」。白で統一されたシックな内装は清潔感があり、ところどころにちりばめられたブルーやイエローのインテリアが奄美の自然を感じさせます。

4ティダムーン 内観
バンブーのベッドフレームが南国リゾートへいざなう
4ティダムーン ソファ
お部屋には、田中一村の代表作「不喰芋と蘇鐵」「アダンの海辺」などの複製画が飾られている

ベッドカバーやルームウェア、客室ファイルなどは大島紬をモチーフとしたデザインが施され、こちらも織元ならではの趣向。お部屋の面積は30㎡前後。ゆったりとしたつくりは家族3人でも十分な広さです。

 

 

 

 

1日を通じて表情を変える奄美の空と海

4ティダムーン オーシャンビュー

お部屋の窓から見えるのは、パノラマに広がる太平洋の海。晴れた日には、遠くに「喜界島」を望むことができます。

水平線遠くに見えるのがサンゴ礁が隆起してできた「喜界島」

女性スタッフ 編集部
編集部
スタッフ
泊まったのは最上階3階のお部屋でしたが、ホテル自体が高台に位置しているので眺めはそれ以上。眼下に見下ろすオーシャンビューは、いつまでも見ていたい風景でした。
 
4ティダムーン 夜景
水面に反射する月明かりが幻想的

オーシャンビューのお部屋は東側に面しているので、朝日が楽しめるのも魅力。そして、日が暮れたら、今度は月や星が主役になります。夜月が海一面を照らす景色はこの上なくロマンチックな雰囲気です

 

島じゅーりが味わえるレストラン「ビストロ奄美」

4ティダムーン レストラン

ホテル1階にあるレストラン「ビストロ奄美」では、モーニング、ランチ、ディナーそれぞれを楽しめます。奄美の食材を使った「島じゅーり(「じゅーり」は奄美方言で料理を意味する言葉)」のほか、和食やイタリアンなど様々な食が味わえます。

ディナーはアラカルトのほかコース料理もあるので、ゆっくりと美食の数々に舌鼓をうつのも贅沢です。

5ティダムーン レストラン
レストランからもオーシャンビューが楽しめる
5ティダムーン 朝食 (3)
朝食のアペリティフは奄美大島のソウルドリンク「ミキ」など
5ティダムーン 朝食
素材の味を最大限に生かした朝食

朝食は身体にも心にもやさしい自然派和食。奄美産のお豆腐、朝採れ野菜を使ったサラダ、無添加の島佃煮、お隣の集落で水揚げされたモズクなど品数豊富で、島の食材がふんだんに取り入れられています。

5ティダムーン 朝食 (2)
一品一品こだわったお料理はどれも絶品

女性スタッフ 編集部
編集部
スタッフ
どのお料理も大変美味しく、ティダムーンでしか食べられないものばかり。また、朝食は大島紬の織り子さんが作っているそうで、温かみのあるどこか懐かしい朝食で気持ちのいい朝が迎えられます。
 

 

磯遊びが楽しい、趣ある「土浜海岸」

5ティダムーン 土浜海岸
ホテルからビーチまでは歩いて1分ほど

ティダムーンの前には「土浜海岸」と呼ばれるビーチが広がります。ホテル敷地内から直接、海に下りることができ、趣ある風景が眺められます。地形はサンゴ礁がちで海水浴にはあまり向いていませんが、そのぶん干潮時には無数の潮だまりが現れます。

7ティダムーン 目の前の土浜海岸
タイドプールは幼生・幼魚の格好の住処

透明度の高い潮だまりは、まるで天然の水槽。カニ、ヤドカリ、スズメダイ、シャコ、ハゼ、ナマコなど、いろいろな海の生き物が服を着たまま観察できます

女性スタッフ 編集部
編集部
スタッフ
子どもと散歩中、10種類以上の海中生物を発見しました。ウツボの幼魚も見ることができ、5歳の息子は大興奮。サンダルでも歩けますが、マリンシューズがあるとより安心です。

 

プールや大浴場も備え、快適なホテルライフを満喫

9ティダムーン プール
大人も子どもも楽しめる大型の野外プール

大型のプールや大浴場を備えているのもティダムーンの特徴です。プールは、子ども用の浅めのプールも隣接しているので、家族みんなで楽しめます

9ティダムーン 大浴場
ゆっくりとくつろげる大浴場

 

奄美の恵みと共に過ごすスイートルーム「ムーン」&「一村」

ティダムーン ムーンスイート
ムーンスイート(出展:ティダムーン photo Akiyoshi Fukuzawa)

せっかくのバケーションだから、充足感に満ちた時間を過ごせるお部屋をセレクトしたい。そんな方はスイートルームに泊まってみてはいかがでしょうか

海に面する「ムーンスイート」は、66㎡の広さを有するスイートルーム。ガラス張り一面に表情豊かな奄美の海が広がり、その景色はまさに自然のアート。また、格別の眠りをえられる高級寝具「エアウィーヴ」のベッドや、日本古来の風呂文化と美しい造形美を融合させた「JAXSON」製のバスタブなど、設備にもこだわり快適なホテルステイを満喫できます。

ティダムーン 一村スイート
一村スイート(出展:ティダムーン photo Akiyoshi Fukuzawa)

一方、ランドビューの「一村スイート」は、奄美大島の森を好んで描いた「田中一村」にちなんだお部屋。豊かな生態系の源である奄美の山々を間近に感じられ、インナーテラスには樹齢百年のガジュマルが望めます。春から夏にかけては、田中一村も愛した「アカショウビン」の鳴き声が聞こえるそうです。

女性スタッフ 編集部
編集部
スタッフ
奄美大島には日本に分布する鳥類の約半数が生息しており、「野鳥の宝庫」とも呼ばれます。一村スイートでは、箱庭のように繊細で奥ゆかしい自然が、滞在に彩りを添えてくれます。

 

まとめ

4ティダムーン オーシャンビュー (2)

奄美大島で古くから伝わる海の彼方の楽園「ネリヤカナヤ」。太平洋の海を一望できるティダムーンは、そんな理想郷を目指したホテルです

お部屋は2020年にリニューアルされ、リゾート気分を味わえるしつらえです。レストランの食事もおいしく、プールや大浴場など設備面も充実。外に出るのがもったいないほど、見どころ満載です。

ティダムーンに泊まって、奄美の太陽、月、海、山を思う存分味わってみてはいかがでしょうか

ティダムーンの詳細情報

編集部おすすめ
ポイント!
・リニューアルされたばかりお部屋は快適で、眺望も抜群
・ビーチも近く、プールも完備されているので大人も子どもも楽しい
・レストラン「ビストロ奄美」では美味しい食事を堪能できる
海からの距離土盛海岸まで徒歩1分
相場感1泊1人10000円ほどから
アクセス奄美空港から車で約10分
名瀬(中心市街地)から車で約35分
住所〒894-0505 鹿児島県奄美市笠利町平1260
TEL0997-63-0006
公式HPhttps://thidamoon.com/

ホテルだけ、航空券だけ、と別々に予約するよりも「飛行機+ホテル」をセットで予約したほうが安くなる場合があります。手間も省けて、お得に予約できるので、気になる方は以下のサイトをご覧ください。

→JAL公式HP「JALパック」を探すならこちら

→ANAスカイツアーズパッケージを探すならこちら

→楽天トラベル「JALパック」「ANAパック」を探すならこちら

じゃらんで「JALパック」「ANAパック」を探すならこちら

【宿泊記】奄美大島にある「ティダムーン」に泊まってきました。 (1)
最新情報をチェックしよう!