島宿.netでは、宮古島・伊良部島・池間島・来間島・奄美諸島の海からすぐ近くのお宿を紹介しています。   ガイドブックには載っていないお役立ち情報も紹介しています。

【宿泊記】奄美大島にある「伝泊 The Beachfront MIJORA」に宿泊してきました。

屋久島と沖縄本島の中間地点に位置する「奄美大島」。唯一無二の生態系が色濃く残り、「アマミノクロウサギ」や「アマミヤマシギ」など島の固有種が多く存在します。また、奄美ブルーと呼ばれる青々と輝く海は、訪れる人の心を魅了します。

今回はそんな奄美大島にあるプライベートな空間のリゾートヴィラ「伝泊 The Beachfront MIJORA(ザ ビーチフロント ミジョラ)」に宿泊してきました

「伝泊 The Beachfront MIJORA」は奄美大島ならではの豊かな自然や文化、食をいたるところにちりばめた上質な雰囲気で、自然との対話を心ゆくまで味わえるお宿です。

この記事では、宿泊した様子を詳しくご紹介していきます。奄美大島への旅行を計画されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性スタッフ 編集部
宮古島在住
スタッフ
「伝泊 The Beachfront MIJORA」は、豊かな森と美しい海に囲まれた1棟貸しのプライベートヴィラ。5歳児を連れての宿泊でしたが、子どももオーシャンフロントのロケーションに大興奮! ファミリーだけでなく、カップルや夫婦水入らずの旅行にもおすすめのお宿です。
 
 

・ 人目を気にすることなく、プライベートな旅がしたい
・ オーシャンビューのラグジュアリーヴィラを探している
・ お部屋にこもってホテルステイを思う存分満喫したい
・ 奄美大島の素材を活かした「食」を堪能したい

※本記事の情報はすべて宿泊時点のものとなります。記載されているサービスや内容に変更がある場合もございますので、詳しくはお宿のほうへ直接お問い合わせください。

島の宝を人から人へ伝える「伝泊」

伝泊 The Beachfront MIJORA コースター

奄美群島を中心に、集落や地域住民との交流の場を提供する「伝泊(でんぱく)」。島の文化や伝統を後世に残すべく、奄美群島内の奄美大島、加計呂麻島、徳之島の3島で宿泊施設や交流施設を展開しています。

ホテル、ヴィラ、古民家など多彩なお宿を運営するほか、高齢者施設・レストラン・物産などを含む複合交流施設「まーぐん広場」も営んでいます。

伝泊 The Beachfront MIJORAから車で10分の場所にある「まーぐん広場」

「まーぐん広場」は、伝泊各施設の中心的な存在。「まーぐん」とは奄美の言葉で、「みんな一緒に」という意味。島内外の人と人をつなぐ中核拠点に位置付けられます。

実は、このまーぐん広場は、2015年に廃業したスーパーを改修してできた場所。改修にあたったのは、奄美大島出身の建築家、山下保博さん。スーパー廃業と同時に地域交流の場や特産品の販売がなくなってしまい、地元住民や行政のリクエストを受けて、まーぐん広場が完成したそうです。

 

「伝泊 The Beachfront MIJORA」までは奄美空港から車で10分

2waters外観

奄美大島北部の笠利町にある「伝泊 The Beachfront MIJORA」は、2019年7月にオープンしたプライベートヴィラ

お部屋は全部で13棟。モダンでありながら、奄美の伝統建築様式を取り入れた造りで、時のつながりを感じさせる魅力的な空間が広がります。

 

お部屋は全部で3種類

伝泊 The Beachfront MIJORA デラックスヴィラ
カップルや夫婦にぴったりの「Deluxe Villa」

「伝泊 The Beachfront MIJORA」の客室は全部で3種類。お宿を代表する「Deluxe Villa(デラックスヴィラ)」は、ダブルベッドタイプのお部屋とツインベッドタイプのお部屋。テラスやキッチン、ビューバスを備え、機能性と快適性を追求した造りになっています。

伝泊 The Beachfront MIJORA デラックスヴィラ2
ベッドは「マニフレックス」のマットレス。旅先でも快適な睡眠を実現

「Standard Villa(スタンダードヴィラ)」は、キッチンがないシンプルなお部屋。ダブルベッドが置かれ、デラックスヴィラ同様、オーシャンビューを思う存分楽しめます。

伝泊 The Beachfront MIJORA オーシャンビュー
子ども連れでも宿泊可能な「Family Villa」

「Family Villa(ファミリーヴィラ)」は、子連れのファミリーが泊まれるお部屋です。グレー調の畳が敷かれ、シングルサイズの布団を3組用意。ベッドではないぶんお部屋を広く使うことができ、やわらかいフラットな畳は子どもでも安心して過ごせます。

全13棟のヴィラは「亀崎」と「三鳥屋」という土地の2か所に分かれています(2地点間の距離は500mほど)。その間にある「2 waters」は、レセプションとレストランを兼ねた施設です。チェックイン、チェックアウトを行えるほか、奄美大島の食材をふんだんに使った絶品のディナーやモーニングが食べられます。

自然とのグラデーションが美しい「ファミリーヴィラ」へチェックイン

伝泊 The Beachfront MIJORA ファミリーヴィラ外観
奄美の浜辺で見られるウノアシ貝の形から着想を得た美しい外観

今回宿泊させていただいたのは、2 watersから歩いてすぐのところの「ファミリーヴィラ」。自然景観と調和したグレーでスタイリッシュな外観です。

お部屋に入るとすぐにリビング空間が広がります。中央に敷かれたグレー調で正方形の畳は、全体の雰囲気とナチュラルにマッチ。畳本来のやわらかい素材なのでデザイン性もさることながら機能面にも優れ、赤ちゃんを連れたファミリーにも配慮したつくりです。

伝泊 The Beachfront MIJORA 畳
天井が高く開放的

杉の天井は「高倉」がモチーフになっています。高倉は奄美地方で古くから伝わる建築様式のひとつ。湿気を防ぐよう高床式で造られ、穀物貯蔵庫として利用されていました。

伝泊 The Beachfront MIJORA 天井
天井に使われている木材は福岡の焼杉

 

いつでも海を感じられるオーシャンフロント

伝泊 The Beachfront MIJORA テーブルセット
お部屋と外を隔てているのは大きな窓ガラスだけ

「伝泊 The Beachfront MIJORA」のお部屋はすべてオーシャンビュー。海側は全面ガラス張りで、刻々と変化する海景の機微を感じられます。

伝泊 The Beachfront MIJORA バスルーム外観
バスルームからも外が眺められる
伝泊 The Beachfront MIJORA ビューバス
バスタブは大人2人が入っても十分な広さ
(お部屋によってバスルームが海に面していない場合もあります)
伝泊 The Beachfront MIJORA 客室目の前のアダン
お部屋のすぐ外にはアダンが生い茂る
(お部屋によって景観は異なるため見られない場合もあります)
伝泊 The Beachfront MIJORA ヤドカリ
ヤドカリたちものんびりお散歩

 

コンセプトは「自然との対話」

伝泊 The Beachfront MIJORA 景色
お宿全体に禅の空間が広がり、悠久な大自然を感じられる

「伝泊 The Beachfront MIJORA」は、“自然との対話“がメインコンセプト。そのためあえてテレビを置かず、奄美大島の連綿と続く大自然と向き合えます。大きな窓からは海を望むことができ、頭をからっぽにしていつまでも眺めていたい風景が広がります。

自然と対話中
5歳児も自然と対話中
伝泊 The Beachfront MIJORA テラス2
鉛色の空だからこその味わい深い趣

宿泊当日はあいにくのお天気で、太陽は顔を出してくれませんでした。ただ、曇天の灰色とお宿の色調が同系なため、曇りや雨の日はより一層情緒が醸し出されます

女性スタッフ 編集部
宮古島在住
スタッフ
晴れた日の鮮やかな色彩を放つ奄美大島の自然もいいですが、しっとりとした曇りのお天気にも映えるお宿だと感じました。
  

お宿のデッキには、ハンモックやラタンで編まれたハンギングチェアが置かれています。時を忘れ、心地のいい揺れを感じながら、海を眺めたり、読書にいそしんだり。自然と一体になれる仕掛けがされています。

伝泊 The Beachfront MIJORA ハンギングチェア
しなやかなラタンは複雑な曲線加工が可能
(ハンギングチェアを備えていないお部屋もあります)
伝泊 The Beachfront MIJORA ライトアップ
ライトアップされたテラスはなんとも幻想的

 

奄美の食材にとことんこだわった「2 waters」のディナー

伝泊 The Beachfront MIJORA 2watersロゴ

2021年4月に新規オープンした「2 waters」。こちらでは地元、笠利町の食材を中心としたオリジナル創作料理が堪能できます。

カウンター席の目のまえには窓一面に赤木名湾が続き、絶好のロケーションのなかでいただくディナーは格別の味です。大きな窓ガラスは、奄美大島に搬入可能な最大サイズのガラスを使用しているそうです。

2waters カウンター
海に面した開放的な窓が魅力のカウンター(出典:伝泊)
2waters ディナー
目で見て、舌で味わい、心で楽しむ2 watersのディナー(出典:伝泊)

近くの漁港で揚がった季節の魚介を使用した「魚のポシェ」、希少な島黒豚を丹精込めて焼き上げた「島豚肩ロースのオーブン焼き」など、大切な人と美食の数々に舌鼓を打ってはいかがでしょうか。

 

お部屋のキッチンで料理をしながら、自然を眺める

伝泊 The Beachfront MIJORA キッチン
コンパクトながらも、機能性に優れたキッチン

ファミリーヴィラ・デラックスヴィラには、キッチン、キッチングッズ、調理家電が各種完備されています。お部屋で料理をして、潮騒をBGMにプライベートディナーを楽しむのもおすすめです

伝泊 The Beachfront MIJORA キッチン家電
キッチン家電はバルミューダやSHARP
伝泊 The Beachfront MIJORA キチングッズ
カトラリーは、大正11年創業老舗道具店「工房アイザワ」
伝泊 The Beachfront MIJORA 冷蔵庫
ハートランドビール、ミキ、ミネラルウォーターはサービス
(時期によって内容は異なります)
伝泊 The Beachfront MIJORA 冷凍庫
冷凍庫にはアイスクリームのサービスも
(時期によって内容は異なります)
伝泊 The Beachfront MIJORA ワインセラー
お部屋にはワインセラーも(ワインは有料)

私たちは近くにある直売所やスーパーで島の食材を購入し、お部屋で料理を楽しみました

伝泊 The Beachfront MIJORA お部屋で料理
奄美大島は海の幸も山の幸も豊富

夕食の準備から食べている間、徐々に日が沈み、周囲の自然が見せる表情も次第に移り変わっていきます。そんな変化を感じられるのも、ヴィラタイプのお宿に泊まる際の醍醐味です。

伝泊 The Beachfront MIJORA ディナー
メニューは真鯛のカルパッチョ、焼き手羽、バケット、パッションフルーツなど

 

清々しい朝にぴったりなオーガニックな朝食

伝泊 The Beachfront MIJORA 2watersへの道
ファミリーヴィラから2 watersまでは歩いて1分ほど

夕食同様、朝食も2 watersでいただけます。朝の澄んだ空気とともにいただくモーニングも「伝泊 The Beachfront MIJORA」の魅力の一つ。自家製のパンやオーガニック野菜を使い、心にも体にもやさしいヘルシーな朝食です。

伝泊 The Beachfront MIJORA 2waters朝食
一口食べるごとに新たな発見が見つかるは最高の美味しさ
伝泊 The Beachfront MIJORA 朝食フルーツ
色鮮やかなフルーツはコーヒーと一緒に

 

ヘアケアは「Aesop」。アメニティにもこだわりを

伝泊 The Beachfront MIJORA バスアメニティ
香り豊かなシャンプー・コンディショナー・ボディソープ

「伝泊 The Beachfront MIJORA」はアメニティにもこだわりが。バスアメニティは、オーストラリアのメルボルン発のスキンケアブランド「Aesop(イソップ)」。また「Y’s for Living」のルームウェアは、おしゃれで涼しげ。

伝泊-The-Beachfront-MIJORA 朝の景色2
ルームウェアは「Y’s for Living」。ガーゼ素材が肌にやさしく心地よい
伝泊 The Beachfront MIJORA アメニティ
ドリンクアメニティはクバの葉でできたハンドメイドバスケットに
伝泊 The Beachfront MIJORA タオル
タオルもふかふかで清潔そのもの
伝泊 The Beachfront MIJORA 金庫
セーフティボックスも完備

まとめ

伝泊 The Beachfront MIJORA 2watersからの眺め

自然との対話を重視し、禅の空間を心ゆくまで味わえる「伝泊 The Beachfront MIJORA」。洗練されているけれども、どこかあたたかい雰囲気を感じさせるお宿は、カップルやご夫婦のホテルステイにぴったりです。伝統とモダンが美しい調和を奏で、奄美大島の大自然に溶け込むかのような心地よい空間を、ぜひ皆さんも体感してみてください。

奄美空港や中心市街地・名瀬へのアクセスもよく、「あやまる岬」や「奄美パーク」など人気観光スポットも近くに点在しています。奄美大島を訪れる際には、ぜひ「伝泊 The Beachfront MIJORA」に滞在してみてくださいね。

「伝泊 The Beachfront MIJORA」の詳細情報

編集部おすすめ
ポイント!
・モダンでスタイリッシュなプライベートヴィラ
・奄美の大自然を思う存分満喫できるロケーション
・レストラン「2 waters」では奄美大島の食材をふんだんに使ったお料理が楽しめる
海からの距離目の前のビーチまで徒歩30秒
相場感1泊1人3万円ほどから
アクセス奄美空港から車で約10分
名瀬(中心市街地)から車で約45分
住所〒894-0513 鹿児島県奄美市笠利町外金久亀崎986-1
TEL0997-63-1910(午前9時〜午後6時)
公式HPhttps://den-paku.com/the-beachfront-mijora/

ホテルだけ、航空券だけ、と別々に予約するよりも「飛行機+ホテル」をセットで予約したほうが安くなる場合があります。手間も省けて、お得に予約できるので、気になる方は以下のサイトをご覧ください。

→JAL公式HP「JALパック」を探すならこちら

→ANAスカイツアーズパッケージを探すならこちら

→楽天トラベル「JALパック」「ANAパック」を探すならこちら

じゃらんで「JALパック」「ANAパック」を探すならこちら

【宿泊記】奄美大島にある「伝泊 The Beachfront MIJORA」に宿泊してきました。
最新情報をチェックしよう!