島宿.netでは、宮古島・伊良部島・池間島・来間島・奄美諸島の海からすぐ近くのお宿を紹介しています。   ガイドブックには載っていないお役立ち情報も紹介しています。

【ジャンル別】宮古島観光スポット 50選|定番から穴場まで一気に紹介

宮古島は「伊良部島」「来間島」「池間島」の3つの橋でつながっており、レンタカーがあればいろいろなところを車で巡ることができます。

この記事では宮古島の人気観光スポットを総まとめしています。橋やビーチなどの絶景スポットから、編集部おすすめのグルメスポットまで。これを見ればきっといきたいところが見つかるはず。旅行計画の参考にしてみてください。

目次

【橋】 宮古島の3つ大橋を制覇しよう

伊良部大橋

伊良部大橋

2015年開通。全長3540メートルで、無料で渡れる橋としては日本最長。橋の一番高い所からの眺めは絶景。ただし、橋上での駐停車は禁止。

池間大橋

池間大橋

1992年開通。全長1425m。橋周辺の海の色は宮古島海域でも随一。橋の両たもとには駐車場有。橋上での駐停車は禁止。

来間大橋

来間大橋

1995年開通。全長1690m。もともとは農道として整備された橋で、農道橋としては日本最長。歩いて渡るのにちょうどいい距離。橋上からは与那覇前浜ビーチを望める。

【パワースポット】宮古島諸島のパワースポットを巡ろう

ハート岩

ハート岩

ハート形の穴があいている岩。2013年朝ドラ『愛と純』のロケ地。

仲宗根豊見親の墓

仲宗根豊見親とは、かつて宮古島を納めていた首長。ここはその首長のお墓で、宮古島の歴史に触れられるスポット。宮古神社、漲水御嶽と近いので、あわせて巡るといい。

通り池

通り池

下地島にある大きな2つの池。ただし、池と言っても海とつながっている。通り池には古くから伝わる伝説がある。

漲水御嶽

漲水御嶽

宮古島で最も格式の高い御嶽。旅行の一番初めと終わりに立ち寄るといいとされる。

【ビーチ】宮古島のおすすめビーチを紹介

イムギャーマリンガーデン

イムギャーマリンガーデン(イムギャーマリンガーデン)

入り江のようなビーチ。多少波が高い日でもここだけは湖のようにおとなしい。小さい子どもシュノーケルデビューにぴったりのビーチ。

サンセットビーチ(トゥリバービーチ)

サンセットビーチ

文字通り、夕日がきれいなスポット。天気がよければ伊良部島と伊良部大橋と夕日をセットで拝むことができる。平良中心部から車で約5分と近いにもかかわらず、空いている穴場ビーチ。

シギラビーチ

シギラセブンマイルズリゾート内にあるビーチ。シギラのホテルに宿泊している方は近いのでおすすめ。シャワーやカフェなど施設面が充実している。

パイナガマビーチ

平良の中心部からほど近いビーチ。地元の人も多く訪れる。夏場はクラゲ防止ネットが設置されるので、子どもをぱちゃぱちゃと遊ばせても安心。

フナスクビーチ

池間島で一番有名なビーチ。駐車場やシャワーもある。こじんまりとしたかわいげのある海岸。

吉野海岸

吉野海岸


宮古島の北東部にある有名なビーチ。シュノーケルスポットとして有名で、ウミガメに会える確率が比較的高い。

佐和田の浜

佐和田の浜

伊良部島のビーチ。沖に無数の岩があり、それらは1771年明和の大津波によって運ばれてきたもの。日本の渚百景に選ばれている。

渡口の浜

渡口の浜

長い弧が美しい伊良部島のビーチ。その長さは数百メートルにわたり、その青さも伊良部諸島随一。

砂山ビーチ

砂山ビーチ

白砂におおわれた丘からの眺めは最高。白砂はとてもさらさらしているので裸足で歩くのが○。撮影スポットであったアーチ形の岩は現在立ち入り禁止。砂山ビーチ周辺一帯は実は私有地なので、近い将来プライベートビーチ化されるかも。

新城海岸

新城海岸

宮古島北東部にあるビーチ。吉野海岸と一緒に語られることが多く、オンシーズンには海の家や移動販売車も出る。

長間浜

長間浜

来間島の奥のほうにある穴場ビーチ。人影もまばらなので、すべてを忘れてゆっくりするならここがおすすめ。駐車場が小さいので注意。

保良泉ビーチ(ボラガービーチ)

保良泉ビーチ(ボラガービーチ)

海宝館前の下り坂を下りたところにあるビーチ。湧水が湧いており、かつてはプールもあった(現在は営業停止中)。パンプキンホールツアーの出発地点でもある。

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

東洋一美しいビーチと呼ばれる島内屈指の人気ビーチ。来間島と来間大橋を望むことができる。ビーチアクテビティも豊富。最近は、訪日外国人客でにぎわっている。

【温泉】海だけじゃない!宮古島の天然温泉

シギラ黄金温泉

宮古島の天然温泉。水着で入る大型のプールのような温泉。もちろん、水着不要の大浴場・露天風呂もある。

海宝館前の足湯

 海宝館前の足湯

海宝館の目の前にある足湯。眼下には保良泉ビーチが望むことができる。

宮古温泉

 宮古温泉

宮古島のほぼ真ん中にある天然温泉。観光客だけでなく、地元の人も多く通う。

【絶景スポット】宮古島のパノラマ絶景を楽しもう

17エンド

 17エンド

下地空港滑走路の先にある桟橋。北を0度として170度の方向に向いている滑走路のはしっこなので通称「17エンド」と呼ばれる。下地空港オープンにより車での乗り入れが禁止され、徒歩や自転車なら行くことができる。下地空港で借りられるレンタサイクルで行くのがおすすめ。

パンプキンホール

パンプキンホール
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鍾乳洞のなかにある鍾乳石。カボチャの形をしているため「パンプキンホール」と呼ばれる。いろいろな業者がツアーを開催しているので、それに参加していこう。

ムイガー断崖

ムイガー断崖

2019年2月に再整備されたばかりのスポット。階段をのぼっていくと展望台があり、海を一望できる。冬の時期にはクジラが見られる。下りの階段もあり、下っていくとかつて生活に使われていた湧水の泉がある。かなり神秘的。

伊良部島牧山展望台

牧山展望台から見た伊良部大橋

伊良部大橋を渡ってすぐのところにある展望台。眼下に見下ろす伊良部大橋は一見の価値あり。

西平安名崎

西平安名崎

宮古島最西端にある景勝地。展望台からは伊良部島、池間島、大神島を同時に望むことができる。西平安名崎に行く途中にある宮古馬の牧場や巨大な風力発電の風車も見もの。

大神島遠見台

360度のパノラマ絶景を楽しめる。ここの景色は宮古島随一。道中かなり急な階段なので、気をつけてあがろう。

東平安名崎

東平安名崎

国指定の名勝。岬の先には灯台があり、登ることもできる。朝日がとてもきれいなのでおすすめ。5月に咲くテッポウユリも有名。

白鳥岬

伊良部島を右回りに周っていくと、途中に現れる。沖にリーフエッジが弧を描き、その風景はハワイを彷彿させる。

八重干瀬

サンゴ礁とウミガメ

池間漁港から船で20分ほどいったところにあるサンゴ礁郡。国内最大級の大きさを誇り、シュノーケル・ダイビングスポットは100か所を優に超える。ここの海のなかはまさに天国。

比嘉ロードパーク

宮古島島内では標高最高地点。標高約100mで、東側に面しているので水平線から上るご来光も見られる。

竜宮城展望台

竜宮展望台から見える来間大橋

来間島の展望台。片手に与那覇前浜ビーチ、もう一方に来間島の集落を見渡すことができる。

【お買い物】お土産を買うならここ!おすすめのショッピングスポット

あたらす市場

島で採れる野菜が手に入るスーパー。お土産品もあるのでチェック。

ワイドー市場

あたらす市場同様、島の食材を買うことができる。

島の駅みやこ

宮古島土産を買うならここ。だいたいのものがそろっているので、旅の最後に立ち寄ろう。

琉球の風 アイランドマーケット

シギラブリーズベイマリーナの目の前にある複合レジャー施設。グルメ、お土産、ライブなどが楽しめる。

まだまだあります!宮古島の観光スポット

下地空港

みやこ下地島空港ターミナル入り口

2019年にできたばかりの空港。空港建物は開放感がある造りをしており、とてもユニーク。飛行機の利用者以外も入ることができるので、ぜひ足を運んでみよう。

宮古空港

宮古空港

宮古島諸島の玄関口。羽田、関西、名古屋のほか、石垣島や多良間島と飛行機でつながっている。平良中心部からは車で15分ほど。

西里通り

西里通り

宮古島の繁華街で、西里通りはメインストリートにあたる。

雪塩ミュージアム

雪塩ミュージアム

宮古島のお土産の定番「雪塩」の工場。お土産品を購入できるほか、雪塩の製造工程が見られる。

大神島

その名の通り、神聖な島とあがめられている。島の周囲は約4㎞。島尻港から定期船で15分ほどの距離。定期船は1日4~5往復。島のおじいが島内観光ツアーをしているので、事前に申し込んでおくと○。

池間湿原

池間島のほぼど真ん中んにある湿原。渡り鳥がよく訪れるので、バードウオッチングスポットとしても有名。2019年8月から再整備が開始されている。

島尻マングローブ

奥行1㎞にもわたる島内最大のマングローブ林。汽水域にはカニや野鳥などさまざまな生き物が棲んでおり、それを見つけるのも楽しい。観光客の少ない穴場スポット。

【体験・自然】体験できる!自然を満喫できるスポット

うえのドイツ文化村

シギラセブンマイルズリゾート内にある公園。宮古島とドイツは親交が深く、それを記念して建てられた施設。実際のベルリンの壁の展示もある。

宮古島アソビタウン(宮古島海宝館)

日本でも珍しい貝専門の博物館。展示されている貝は、貝好きの館長のコレクション。

宮古島海中公園

地下の部屋一面に貼られたガラス窓から海の中を見られるスポット。服を着たまま海中が見られるので、お年寄りから小さい子どもまで楽しめる。「海水浴はちょっと」という方におすすめ。

宮古島市体験工芸村

宮古島市熱帯植物園のなかにある体験型スポット。陶芸や島ぞうりづくり、貝細工など、各工房で様々な体験ができる。屋内型施設なので雨の日でも大丈夫。

宮古島市博物館

宮古島の風俗、文化、歴史を総合的に知りたいならここ。宮古島を知ることで、旅をさらに楽しめるのでぜひ行ってみよう。

多良川酒造見学

宮古島を代表する泡盛「多良川」を作っている酒造所。お酒造りを見学できるほか、お客様専用洞窟貯蔵庫ではボトルキープも可能。

熱帯植物園

宮古空港から北へ車で10分のところにある市営の植物園。1600種以上の樹木が生育しており、県内でも最大の植物園。遊歩道が整備されているので、散歩にもいい。

宮古島には魅力がいっぱい!

いかがでしたでしょうか。宮古島は決して大きくない沖縄離島ですが、みどころは豊富です。海以外にもおもしろいスポットがたくさんありますので、宮古島にお越しの際は気になるところにどんどん行ってみましょう!

さらにホテルをお探しの方は、以下の記事もご覧ください。宮古島で新しく開業したばかりのホテルをすべて網羅しています。

【最新】宮古島で新規オープンの新しいホテルを全部まとめました。

ソラチカカード
せっかく飛行機に乗るならマイルを貯めなきゃ損。「ANA JCBカード」は、ANAマイレージクラブ、楽天Edy、JCBクレジットの機能が1枚に搭載。追加付帯サービスとして、QUICPayやPitapa、ETCカードなど、さらに便利に利用することも可能です。ANA機内販売やANA FESTA、空港免税店などで会員優待割引も適用されます。マイルを貯めてお得に旅行を楽しみましょう
⇒詳しく知りたい方はこちら!
【ジャンル別】宮古島観光スポット 50選|定番から穴場まで一気に紹介 (1)
最新情報をチェックしよう!