島宿.netでは、宮古島・伊良部島・池間島・来間島・奄美諸島の海からすぐ近くのお宿を紹介しています。   ガイドブックには載っていないお役立ち情報も紹介しています。

【宿泊記】来間島「RuGu(ルーグー)」でグランピングしてきました

来間島にある「RuGu(ルーグー)」は2019年にオープンした宮古島初のグランピングリゾートです。今回、こちらのお宿に泊まらせていただいたので、その模様をお伝えしたいと思います。実際にRuGuに宿泊して感じたこと、客室や夕食の様子などを率直にご紹介していきますよ。

ちなみに、こちらのホテルのコンセプトは

「自然との境界を限りなく0に」

そのコンセプト通り、島の自然を最大限楽しめる工夫がいたるところにされていました。都会では決してできない体験を数多く得られる、島宿.net編集部が自信をもっておすすめできるお宿です。

・宮古島で宿泊先を探している
・ロケーションのいいホテルに泊まりたい
・せっかくなら宮古島の大自然を満喫できるホテルがいい
・宮古島ではロマンチックな夜を過ごしたい

宮古島のおとなり来間島にあるグランピングリゾート「RuGu」

来間大橋をわたって5分ほどすると、RuGuが見えてきます

宮古島から来間大橋を渡り、車で走ること5分。来間島の西側にRuGuはあります。 長崎浜まで歩いて1分のところにあり、海好きにはたまらない立地です。

長崎浜
満点の星空が眺められることでも有名な長崎浜

客室は全部で16室。いずれもトレーラーハウスをリノベ―トした客室で、1室4名まで宿泊可能です。

RuGu 客室外観
自然に溶け込んだトレーラーハウス型の客室

まずは入口の受付でチェックインを

お宿に着いたら、まずはチェックイン。チェックイン開始時間は15時からです。

受付テント
かわいいテント型の受付

敷地に入ったすぐのところにある、かわいらしいテントで受付を済ませましょう。スタッフの方が、宿泊時の注意点について丁寧に説明してくれますよ。
テントの中にはアクセサリーや日焼け止め、オーガニックのヘアケアーなど、センスのいいグッズを購入できます。
受付が終わったら、車で客室まで移動します。自分の車は客室のすぐ横に停められ、荷物積み下ろしのストレスがありません。

テントの中にはセンスの良さを感じさせるグッズがたくさん

RuGuのお部屋へ|センスが光る内装とルーフトップからの眺めは抜群

早速客室に入ると、まず印象的なのがお部屋の「清潔感」。施設自体がまだ新しいというのもありますが、全体的にお手入れが行き届いておりとても気持ちのいい空間だと感じました。また、部屋全体にほのかにする落ち着いた香りは、まるでヨーロッパに来たような気持ちにさせてくれます。

【客室リビングの様子】

RuGu 客室 リビング – Spherical Image – RICOH THETA

【バスルームの様子】

RuGu 客室 浴室・トイレ – Spherical Image – RICOH THETA

トレーラーハウスということもあり、客室の総面積はそこまで広くはありません。ただ、片側は一面ガラス張りになっているので、閉塞感はなく、むしろ開放的。日当たりがよく電気をつけなくても明るいほどです。ブラインドを備えているので、お休みの際には人目を気にせずお部屋でゆっくりと過ごすことができます。

RuGu客室の雰囲気
RuGu 客室窓
ブラインドも完備しているので人目も気になりません

ベッドはシングルタイプが計4つ。安心の「Simmons製」で、ベッドの寝心地は快適。硬くもなく柔らかくもなくちょうど良いクッション性でした。

RuGu Simmons製ベッド
Simmons製のベッドで快適に眠れました

クッションやベットベール、スタンドなど、小物一つひとつにもセンスの良さを感じます。お部屋にあるアメニティーは、いずれも自然環境に配慮したオーガニック・無添加のものが用意され、そこからもお宿のこだわりが見て取れます。
オーガニックシャンプーやトリートメントは、受付のテントでも購入できます。

RuGu インテリア・アメニティ
部屋にある小物一つひとつがかわいい
RuGu 客室テラス
各棟に簡易シャワーも完備

トレーラーハウスの前にはウッドデッキのバルコニーが付いていて、簡易シャワーも完備。海から帰ってきて砂を洗い落とせるので、部屋を砂だらけにする心配もありません。小さいお子さんがいてもこれなら安心ですよね。

宮古島の夕陽と海のコントラストが最高

トレーラーハウス型客室なので、部屋からすぐに外に出られるのもこちらのお宿の特徴です。コンセプト通り、外との境界を感じさせないつくりになっています。

RuGu 外の雰囲気
うちの3歳児は部屋の外と中を行ったり来たりして楽しんでいました

部屋の屋上はルーフデッキになっており、階段を上がったそこには広大な海が。宿泊させていただいた日はちょうど天気が良く、素晴らしい夕景を楽しむことができました。

RuGu ルーフトップバルコニーから見える夕陽
ルーフデッキの屋上から見える夕日

RuGuの客室設備・アメニティー

ちなみに、客室の設備やアメニティーは以下の通りです。タオル類やアメニティー類はもちろんのこと、電気ケトルや懐中ランタンなど、「なくてもいいけど、あったらうれしいもの」が置いてあるのも、いいなと感じました。

・客室内Wi-Fi
・冷蔵庫付カウンターバー
・ミニキッチン
・電気ケトル
・トースター
・マグカップ(35coffee&さんぴん茶・ミネラルウォーターサービス)
・ウォシュレット付トイレ
・洗面台/ シャワーブース
・ハンドタオル/ フェイスタオル/ バスタオル
・ハンドソープ
・ボディーソープ/ シャンプー/ コンディショナー
・ヘアドライヤー
・ハミガキセット
・懐中ランタン
・スリッパ
・エアコン

RuGuの夕食はバーベキュースタイル

夕食は6時から(季節やその日の状況によって変わる場合あり)。RuGu敷地内にあるバーベキュースペースでいただきます。メニューはこんな感じ。

RuGu ディナーメニュー
基本セットプラス、追加で注文も可能

1品1品スタッフの方が焼いてくれるのも贅沢

料理は一品一品スタッフの方が丁寧に焼いてくれます。すべていっぺんにではなく、焼き上がった順にテーブルに運んでくれるので、アツアツのままいただくことができますよ。バーベキューでありがちな慌ただしさがなく、会話や風景を楽しみながらゆったりと食事ができました。

RuGu バーベキュー
スタッフの方が丁寧に焼いてくれます

野菜焼きから始まり、豚肉、焼きそば、ホイル焼き。なかでもピーマンとタマネギの丸ごと焼きは絶品。野菜のうまみ・甘みがこれでもか、というほど溢れ出ています。玉ねぎがそこまで得意ではない息子もパクパクと食べていました。

タマネギ丸ごとのホイル焼きは甘味が凝縮されて、絶品
RuGu ステーキ
やみつきになる「あぐー豚のステーキ」

ドリンクはバーカウンターで随時注文可能です。1人2000円で飲み放題のコースもあります。ロケーションのいい中で飲むお酒は格別で、ついつい飲み過ぎてしまいます。

RuGu バーカウンター
雰囲気抜群のバーカウンター
RuGu ビール
外で飲むビールは格別です

キャンプファイヤーの炎に癒される

そして、日が落ち、食事の後半にさしかかったころからは、バーベキュースペース中央でキャンプファイヤーが焚かれます。さらに場の雰囲気がよくなり、より一層の非日常を味わえますよ。

RuGu キャンプファイヤー
食後のキャンプファイヤー
RuGu メローな時間
都会では味わえない贅沢な時間です
RuGu キャンプファイヤーでマシュマロ
はじめてのキャンプファイヤーに大興奮の3歳児、マシュマロもいただきました。

ちなみに、滞在中担当していただいたスタッフは、宮古島出身の方でした。仲良くなれば島のお話を聞けたりもします。意外と宮古島出身の方がいるホテルは多くないので、そういった意味では地元密着型のホテルといえると思います。

RuGu ホテルスタッフ
優しく親切なスタッフの方々

RuGuで夕食を食べたら、長崎浜まで夜のお散歩

食事が終わったら、夜の散歩。

RuGu 星空
RuGuから歩いてすぐの長崎浜、満点の星空を見ることができます

歩いてすぐのところにある長崎浜でまで行けば、満天の星をひとり占めできます。長崎浜は周囲に一切明かりがなく、宮古島諸島の中でも特に星が綺麗に見えるスポット。ここの星空を見たら、誰しも言葉を失い見惚れてしまいます。

RuGuの朝食|前日に届けてくれるので好きな時間に食べられる

翌朝は、朝日が目覚ましがわり。窓の多い客室はとても日当たりがいいので、さわやかな気分で目覚められます。

RuGu 朝焼け
部屋の窓から見える朝日

朝食は前日に届けてくれるシステムです。部屋の中で食べてもよし、ウッドデッキで食べるもよし。夏の暑い時期でも、朝は比較的涼しいので、外で食べるのがおすすめです。とっても気持ちがいいですよ。

RuGu 朝食
部屋にはオーブンもあるので、好きなタイミングでパンを焼いて食べられます

セルフチェックアウトなので気軽

朝食を済ませ、身支度が終ったら、チェックアウト。チェックアウトはブラインドをすべて上げ、カギをテーブルに置いておくのがここのルール。受付でチェックアウトをする必要はありません。セルフなので、パッと遊びに行けるのもグッドポイント。

RuGu ルームキー
チェックアウトは部屋にカギを置くだけで楽

RuGuこんな人におすすめ!

今回3歳児を連れての宿泊でしたが、RuGuは子どもづれの方にもぜひおすすめできるお宿です。うちの息子は自然豊かな環境の中でとても生き生きと楽しんでいました。また、雰囲気が最高にロマンチックなので、カップルや友人同士の旅行にもおすすめです。夕日、バーベキュー、キャンプファイヤー、星空。「ここでしかできない体験」をぜひしてみてください。

【RuGuはこんな人におすすめ!】

  • 高級リゾートもいいけど、せっかくなら自然を満喫したい
  • 都会的なものから離れて、体や心をデトックスしたい
  • 家族、3世代でわいわいと楽しみたい
     (部屋の行き来が楽なので、3世代であれば2棟借りもおすすめ)
  • 自然の中、カップルでロマンチックな旅を満喫したい

あえて言うなら。RuGuの注意点

とてもいいお宿なのですが、あえて注意点を挙げるとするなら以下のポイントです。

・周囲にコンビニや居酒屋がないので、必要なものをチェックイン前に買っておく
・自然と隣り合わせなので、虫がいる(苦手な方は虫が少ない、秋や冬がおすすめ)

ただ、この2点は自然体の島を体感できることの裏返しなので、 逆に言えばRuGuのいいところだとも感じました。

RuGu 虫取り網
備え付けの虫取り網で虫を捕まえてご満悦の息子

宮古島・来間島の大自然を感じるなら「RuGu」がおすすめ!

住所沖縄県宮古島市下地来間156−71
TEL0980-79-0070
アクセス宮古空港から車で20分
駐車16台
チェックイン15:00
チェックアウト10:00
部屋数16室
公式HPhttps://www.rugu.co.jp/

大自然の中に囲まれたトレーラーハウス群。かといって目立つわけでもなく、まるで自然と一体化しているような控えめな佇まい。お宿に泊まらせていただいた感想としては、ロケーション、お食事、部屋の清潔感、ホスピタリティ、どれをとっても素晴らしく、宮古島に来たらぜひ泊まっていただきたいホテルです。宮古島にお越しの際は、RuGuを利用してみてください。

ホテルだけ、航空券だけ、と別々に予約するよりも「飛行機+ホテル」をセットで予約したほうが安くなる場合があります。手間も省けて、お得に予約できるので、気になる方は以下のサイトをご覧ください。

JAL公式HPで宮古島行きの「JALパック」を探すならこちら

ANAスカイツアーズで宮古島行きのパッケージを探すならこちら

楽天トラベルで宮古島行きの「JALパック」「ANAパック」を見てみる

じゃらんで宮古島行きの「JALパック」「ANAパック」を見てみる

RuGu 宿泊記アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!