島宿.netでは、宮古島・伊良部島・池間島・来間島・奄美諸島の海からすぐ近くのお宿を紹介しています。   ガイドブックには載っていないお役立ち情報も紹介しています。

【7月の宮古島旅行】気候・天気・服装は?楽しみ方のコツをご紹介!

7月の宮古島はまさに夏本番!この時期の海の色はほかの季節と比べ物にならないほどきれいで、見る者すべてを魅了します。宮古ブルーを満喫したいなら、絶対にこの時期の旅行がおすすめ。ただ一方で、7月は台風も気になります。そこでこの記事では、7月の宮古島旅行を検討している方に向けて、7月の宮古島の気候や天気の特徴、おすすめの服装や観光スポット、アクティビティなどをまとめて紹介していきます。また、過去の7月に訪れた台風の回数も解説しているので、これを読めばきっと7月の宮古島を楽しめるはず。ぜひ旅行計画の参考にしてみてください。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 7月に宮古島旅行を計画している
  • 7月の宮古島はどれくらい暖かいか、どんな服装で行けばいいか知りたい
  • 7月の宮古島ではどんなことができるか知りたい

7月の宮古島での過ごし方の特徴

サングラスと海

7月の宮古島は梅雨も明け、まさにトップシーズンと呼ぶにふさわしい時期です。日照時間も長くなり、マリンレジャーを楽しむにはもってこい。7月の宮古島の太陽と海はとても鮮やかで、ほかの季節とは一線を画します。晴れた日はどこを切り取っても絵になり、カメラやスマホのシャッターを切りたくなること間違いなし。

与那覇前浜ビーチ、新城海岸、砂山ビーチなど、宮古島には美しいビーチが数多くあります。それぞれに表情が異なるので、ビーチ巡りをしながら海水浴や写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

宮古島7月 日照時間と雲量

 

宮古島7月 降水量

 

7~8月は宮古島の観光シーズンど真ん中なので、旅費はどうしても高くなりがちです。

宮古島7月 費用相場

 

7月の宮古島の天気・平均気温・気候・服装まとめ

7月の宮古島の服装イメージ

7月の宮古島の平均気温は29℃、最高気温は34℃、最低気温は24℃です。7月に宮古島を訪れるなら、1日中Tシャツ・半そでで過ごすことができます。宮古島の夏は気温以上に、日差しも強烈で湿度も高いので、Tシャツや半そでの着替えは多めに持ってくるのがおすすめ。外出中でも適宜着替えれば、快適に観光が楽しめます。また、冷房対策として羽織ものがあると便利なので、冷え性や寒いのが苦手な方は1枚持っておくといいでしょう。

宮古島7月 気温

7月の宮古島の紫外線と台風情報

宮古島7月の紫外線量

宮古島ではとても紫外線が強いので、日焼けしたくない方や肌の弱い子どもたちは特に注意が必要です。そして、紫外線量を知るうえで参考になるのが、気象が発表している「日最大UVインデックス」。UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響度を指標化した数字のこと。日最大UVインデックスは、その月で最も紫外線の強かった時のUVインデックスを表しています。世界保健機関「WHO」では紫外線対策をする際、UVインデックスを参考にすることを推奨しています。

なお、宮古島の7月の日最大UVインデックスは「9.6」。東京は「5.3」なので、最も紫外線が強い時を比べると宮古島のほうが1.8倍ほど高くなっています(いずれも2020年の数値)。2020年においては6月~7月にかけてが紫外線量のマックスが最も高い結果となっています。

宮古島7月 台風の数

また、7月の宮古島はだんだんと台風の数が多くなってくる時期。過去70年間、7月の宮古島に接近した台風の数は51回なので、年平均0.7回です。

 

7月に行われる宮古島の主なイベントはこちら

宮古島7月のイベント

夏真っ盛りの宮古島では、例年どのようなイベントが行われているのかを見ていきましょう。

※2020年以降中止となっているイベントも多いので、詳しく知りたい方は公式HPなどをチェックしましょう。

7月の宮古島イベント|宮古水まつり

 

毎年7~8月にかけて、宮古島の「皆福地下ダム公園」で行われるお祭り。2019年は8月4日に開催されました。宮古島の生活用水は地下水を利用しており、宮古用水は沖縄県で唯一の「疎水百選」に選出されています。そういった宮古島の水事情をより広く知ってもらうためのイベントです。

大型プール、ウォータースライダー、流しそうめんなど、企画が盛りだくさんで、子どもから大人まで世代を問わず楽しめます。また、お祭りの当日は、会場近くにある「地下ダム資料館」が無料開放されます。

最新情報は公式HPをチェック!
http://www.m-kairyouku.com/mizumaturi.htm

7月の宮古島イベント|サニツ浜カーニバル

 

宮古島南部の与那覇湾で行われるイベント。与那覇湾は通称サニツ浜とも呼ばれ、潮が引くと700haにも及ぶ砂地が出現します。そこでは水中駅伝やビーチドッジボール、相撲大会、ビーチバレーなど、さまざまなレクリエーションが開催されます。ちなみに、与那覇湾はラムサール条約の登録湿地ともなっており、水生生物や野鳥が多く見られることでも知られてます。

最新情報は公式HPでチェック!
https://www.city.miyakojima.lg.jp/kanko/sportevent/

7月の宮古島イベント|サガリバナ 夜のお花見会

サガリバナ

日が暮れるころに咲き夜が明けるころには散ってしまう「サガリバナ」。宮古島は日本でも数少ないサガリバナが見られるスポットです。宮古島の「添道」という地区に群生しており、6月下旬から7月上旬にかけてサガリバナの旬を迎えます。この時期には期間限定でライトアップがされ、観光客だけでなく、島民も多く足を運びます。ちなみに2019年は6月25日~7月4日の10日間、19時30分~21時30分にライトアップがされています。場所がわかりづらいのですが、Googleマップで「添道サガリバナ」と検索すると出てきます。期間中は看板も出ているのでそれを頼りに行ってみましょう。もし不安であれば、タクシーを利用すれば安心です。

最新情報は公式HPでチェック!
https://www.npo-mec.com/events

 

7月に訪れたい宮古島の観光スポット

真夏の宮古島はどこを訪れてもきれいな風景が広がります。続いては、そのなかでも、島宿ドットネット編集部の独断で、7月の宮古島旅行で訪れたいスポットを3つご紹介します。

7月に訪れたい宮古島観光スポット|与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

宮古島にあるなかでも最も有名なビーチのひとつ。東洋一美しいともいわれ、7kmにも続く白い砂浜は一度見たら忘れられない光景です。海の透明度も高く、色の鮮やかさも島内随一。まるで天国のような景色が広がります。また、与那覇前浜ビーチでは、ジェットスキーやパラセイリング、バナナボートなど様々なマリンアクティビティが楽しめます。向かいには来間島と来間大橋を望むことができます。

例年4月の第一日曜日に海開きイベントが行われることでも知られ、さらに宮古島トライアスロンのスタート地点ともなっています。なお、サンゴはほとんど見られないため、シュノーケリングにはあまり向いていないかもしれません。

7月に訪れたい宮古島観光スポット|宮古島市総合博物館

宮古島市総合博物館のパーントゥ

宮古空港から車で5分ほどのところにある博物館。宮古島の文化や歴史を学ぶことができ、宮古馬やパーントゥなどのレプリカも多く展示されています。宮古島旅行の最初に訪れるのがおすすめ。島の知識を蓄えてから、各地の観光スポットを巡るとより深く旅行を楽しめます。室内は展示品の保存の観点から、温度・湿度調整がしっかりとされています。うだるような暑さからの避難場所としても立ち寄れるほか、7月は急な通り雨が降ることも多いので、雨宿りをかねて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ビーチや絶景スポットに比べてマニアックな印象を持たれがちですが、満足度も高くおすすめです。

7月に訪れたい宮古島観光スポット|宮古諸島3大大橋(伊良部大橋・池間大橋・来間大橋)

来間大橋と海

宮古島からは周辺離島へ3つの橋が架かっています。それらは人気の観光スポットで、年間を通じて多くの観光客が訪れます。どの時期もきれいで絶景なのですが、7月の橋と海の景色はほかの季節と比べ、一線を画します。どこを切り取っても絵になり、まるで絵画のような風景です。ちなみに、橋の全景を1枚の写真に収めるなら、以下のスポットがおすすめです。

  • 伊良部大橋:伊良部島にある「牧山展望台」。伊良部大橋を俯瞰から一望できるスポット。
    牧山展望台から見た伊良部大橋
  • 池間大橋:カイミールの屋上展望台。1階はカイミールという食堂兼売店で、その屋上が無料展望台として開放されています。カイミールのさざえそばも有名なので、こちらもぜひ。
    池間大橋
  • 来間大橋:来間島にある竜宮展望台。竜宮城をモチーフにした展望台で、来間大橋がみえるほか、向かいには与那覇前浜ビーチも望めます。
    来間大橋

 

7月の宮古島でできるおすすめアクティビティ・体験メニュー

続いては、7月におすすめのアクティビティや体験メニューをご紹介していきます。

7月の宮古島でしたいアクティビティ|八重干瀬ツアー

八重干瀬 ウミガメ

八重干瀬とは、世界でも最大級を誇るサンゴ礁群のこと。宮古島の北海域に位置し、周囲25㎞もの大きさを誇ります。八重干瀬ツアーではシュノーケルやダイビングをすることができ、海の中の圧倒的な光景が見られます。

水深も10m以内のスポットも多いので、シュノーケルでも十分楽しめます。大きく半日コースと1日コースの2つに分かれます。宮古島に訪れたら必ず参加したいアクティビティのひとつなので、ぜひ参加してみてください

→じゃらんで宮古島の「八重干瀬ツアー」を見てみる!

 

7月の宮古島でしたいアクティビティ|シーカヤック

ヴィラさちばる カヤック2

シーカヤックは宮古島でも人気の高いアクティビティ。心地よい海風を全身で受けながら進むシーカヤックは爽快。自分だけでは行けないようなスポットへ案内してくれるツアーもあり、とてもおすすめです。また、マングローブ林の合間を行くツアー、船底が透明なクリアカヤックのツアーなどもあり、南国の島ならではの体験ができます。「4歳から参加OK」というところもあるので、子連れファミリーにもぴったりです

→アソビューで宮古島の「シーカヤックツアー」を予約する!

 

7月の宮古島でしたいアクティビティ|ナイトツアー

夜の森のイメージ

ナイトツアーはガイドと一緒に、宮古島の夜の自然を満喫するツアー。宮古島の夏は日中の気温がとても高いため、昼間の生き物たちはおとなしくしています。一方、夜になると活発になり、ナイトツアーでは夜行性の生き物たちを観察できます。

特に夏の時期には「ヤシガニ」が見られることもあり、このツアーでしか出会えない貴重な体験ができるでしょう。また、雲のない夜は頭上に満天の星空が広がり、天体鑑賞を楽しめるのもナイトツアーの魅力です。

→宮古島でナイトツアーに参加するなら「アドベンチャーピピ」がおすすめ。予約はこちらから

 

夏本番!7月の宮古島で宮古ブルーを思う存分満喫しよう!

飛行機から見える沖縄離島

7月の宮古島は、島全体がきらきらと輝く季節。宮古ブルーと称される宮古島の鮮やかな海が最も美しいのもこの時期です。海水浴やシュノーケリングなどのマリンレジャーのほか、八重干瀬ツアーやナイトツアーなどのアクティビティにも積極的に参加すると、旅がより充実したものになるでしょう。宮古島には1棟貸しのヴィラ・コテージやプライベートプールがついたラグジュアリーホテルがたくさんあります。そういった所に宿泊して、優雅なホテルステイを満喫してみてはいかがでしょうか。

関連記事

旅行の成否を大きく分ける「ホテル選び」。宮古島には魅力的なホテルがたくさんあり、今回はそのなかでも一度は泊まりたいラグジュアリーな高級ホテルを特集します。ホテルの選び方から、編集部が自信をもっておすすめする高級ホテルを一挙に紹介していきます[…]

宮古島の編集部おすすめ高級ホテル8選
関連記事

今回は宮古島・伊良部島・来間島の新規開業したばかりのホテルを特集します。2018年以降にオープンしたところだけを集めたので、いずれも開業から4年以内。 宮古島旅行の滞在先候補に、進化する宮古島の最新ホテルを選んでみてはいかがでしょ[…]

宮古島の新規開業の新しいホテル

ホテルだけ、航空券だけ、と別々に予約するよりも「飛行機+ホテル」をセットで予約したほうが安くなる場合があります。手間も省けて、お得に予約できるので、気になる方は以下のサイトをご覧ください。

JAL公式HPで宮古島行きの「JALパック」を探すならこちら

ANAスカイツアーズで宮古島行きのパッケージを探すならこちら

楽天トラベルで宮古島行きの「JALパック」「ANAパック」を見てみる

じゃらんで宮古島行きの「JALパック」「ANAパック」を見てみる

【7月の宮古島旅行】気候・天気・服装は?楽しみ方のコツをご紹介!
最新情報をチェックしよう!